判決確定後の手続きとは

長期間にわたる訴訟の末、主張が認められ、離婚の判決が確定したとしても、それですぐに事件が解決するということはありません。これは、他の裁判でも言えることですが、判決が確定しても裁判結果を正式な形で実現するためには、手続きを行う必要があります。
裁判で離婚が確定した場合、市役所に報告的届出を行う必要があります。
報告的届出は、判決確定後10日以内に行わなければなりません。この届出を怠った場合、過料に処されることがあるため、注意が必要となります。
届出を行うのは、裁判を申し立てた側になります。
届出を行うには、市役所の窓口で離婚届をもらい必要事項を記載する必要があります。その上で、離婚届、判決の正本・謄本、確定証明書などを窓口に提出することになります。
この他にも、離婚後も同じ姓を名乗る場合には届け出が必要となります。さらに、離婚しても子供の姓は変更されないため、変更する場合には家庭裁判所に申し立てを行った上で、許可とされた場合は市役所へ入籍届を提出することになります。
このように、裁判結果が出ても、その後の手続きを行うことが重要なのです。判決が確定しても、しっかりと手続きを行うことを心がける必要があります。

コメントは受け付けていません。