乙類とは

離婚の手続きに関連して、家庭裁判所における調停や審判に付することができる事項としては、廃止される前の「家事審判法」第9条に2つの種類に分けて列記されていました。
その種類のひとつである「乙類」というのは、当事者間で明確に争いがある性質のものであることから、法律上は調停と審判のいずれの方法でも解決することができるとされている事項のことです。
なお、平成25年からは「家事事件手続法」という後継の法律が施行されていることから、一部に異同はあるものの、現行の法律ではおおむね別表第二に列記された事項となっています。
こうした事項は、当事者間に争いがある以上、まずは当事者間の話し合いによって自主的に解決を図ることが法律上も期待されており、通常の場合であれば最初に調停の申立てが行われ、話し合いで解決がつかなかった場合には審判の手続きに移るというのが原則的な流れとなっています。
上記の種類に該当する項目としては、離婚以外にも多岐に及びますが、例えば遺産分割、相続人の廃除や取消し、寄与分を定める処分、婚姻費用の分担に関する処分、養育費に関する処分、離婚後の財産分与に関する処分、親権者の指定などといった項目が該当しています。

コメントは受け付けていません。