離婚裁判の流れ

夫婦による話し合いや、第三者を交えての離婚調停をしても夫婦間で離婚の合意が得られない場合は、離婚裁判によって最終的な争いを行います。
裁判を行うためには訴状が必要になるため、訴えたい側は訴状と調停不成立の書類、当人同士の戸籍謄本を用意して裁判所へ提出しましょう。
訴えが認められると、第一回口頭弁論期日が裁判所より指定され、相手側に裁判所から呼び出し状と訴状の副本が送付されます。
相手側は訴状に記載されている主張に反論する答弁書を作成し、裁判所へ提出します。
第一回口頭弁論では、争点がどこにあるのかを客観的に整理するために、各種証拠の提出をお互い行い、裁判官が納得するまで答弁が繰り返されます。
一度で双方が納得しなければ、第二回、第三回と答弁を繰り返していきます。判決が下されるまで答弁を繰り返す場合や、途中で裁判官からの和解提案を受け入れた場合などに決着がつきます。
判決後、二週間が経ったら判決が確定して離婚が成立します。その後10日以内に離婚届や戸籍謄本、判決書謄本、確定証明書を自治体の窓口に提出しましょう。
判決に納得できない場合などは控訴期限中に控訴の申し立てを行えば、上級の高等裁判所にて審議が繰り返されます。

コメントは受け付けていません。