訴訟費用の相場

民事訴訟における訴訟費用というのは、裁判所に納める費用と、証人等に対する給付に区分されています。
さらに、裁判所に納める費用は、手数料と手数料以外の費用に分けられることが、法律で決まっています。
最終的には、費用は敗訴者が負担するのが原則ですが、一時的には、申立人が立て替え払しておいて、判決の確定後の費用額確定処分を経て、本来負担すべき者が支払っている事例が多いです。
ただ、広い意味では、弁護士費用も同費用の中に入れて語られることも少なくありません。
民事訴訟の弁護士費用の計算は、いくら相手に請求するか、あるいは、相手からいくら請求されているのか、という金額によって変わります。
請求額が高ければ高いほど、弁護士費用も高くなるのは言うまでもありません。
というのは、以前は弁護士会が弁護士費用の基準を設けていましたが、現在ではそれは廃止されています。
そして、護士費用の基準は個々の弁護士に委ねられています。
とはいえ、現在でも従来の弁護士会の報酬基準を参考にして弁護士報酬基準を定めている法律事務所が一般的なのです。
いまも、多くの弁護士が今もその計算方法を採用しているからなのです。
また、裁判ではなく、示談交渉や調停ならば3分の2に減額できるという規定もあります。

コメントは受け付けていません。