和解への手順

離婚裁判は必ずしも判決を待たなければいけないというわけではなく、代理人や裁判所からの勧告などによって財産分与や慰謝料などに合意すると判決を待たずに裁判を終了する選択肢を取ることも出来ます。
離婚裁判の多くが、判決を待たずにこのようにして終了することが多くなっています。
この場合、どのような流れで離婚が成立するのかというと、裁判所などの勧告で和解となった場合は、まず調書を作成します。
この調書は、裁判で出される判決と同様の法的効力を持ったもので、この時点で離婚が成立となります。
ただし、この時に気を付けなければいけないのは、離婚確定日を含めた10日以内に訴訟申立人は離婚届と調書の謄本を所轄の市区町村役場へ提出しなければいけないということです。
例え、裁判所で離婚が成立したとしても、正式な離婚とするには必ず市区町村役場への離婚届の提出が必要となりますので忘れないように気を付けましょう。
また離婚裁判にはもう一つ判決を待たずに裁判を終了することがあります。それは被告が原告の言い分を全面的に受け入れた時です。
認諾離婚と呼ばれるものですが、この場合も、調書を作成し裁判所に認めてもらう記載をしてもらうことで離婚が成立します。

コメントは受け付けていません。